悲しみ方って?




先週亡き父が久しぶりに
夢に出てきて、なんだか書きたくなったので書こうと思う。


父親と14歳の愛犬を
同時期に見送った頃は
“悲しみ方“が上手くいかなくて

気丈に振る舞って悲しみを堪えたり
私がしっかりしないと、と責任感じたり。
昔から人前でおいおいと
声をあげて涙を流せる姉を見るたびに
羨ましいとさえ思っていた。

うまく感情処理ができなくて
乗り越えたと思った半年後とかに

生理が数ヶ月止まらなくなり、
仕事中にいきなりポロポロ勝手に涙が溢れてきたり
身体が必死に心のへルプを出していたのだと
今ならわかる。⁡
突然すぎる別れだったから、
しばらく父の事を思い出しても

どうしても苦しすぎて、
どう処理していいか分からず何年も
思い出すことを避け続けていた。
30才目前にしてはじめて沖縄の宮古島のとある場所に行った時に
無性に「父親に逢いたい」と
感情が急に爆発してきて


はじめて子供のようにわんわんと泣くことが出来た


⁡死に対して色々な哲学とか
スピリチュアルとか学んだ後だったけれど


どんな理屈も知るか。


ただ逢いたい、触れたい、声が聞きたい、
それだけだった。


数時間、ひたすら悲しんで、悔しんで
愛しくて寂しさだけに浸った。


気付いたら夕日が沈んで暗くなってきて
レンタカーに戻ったけれど

運転しながらもずっと泣き止まなかった。
たぶん人生で1番泣き続けた


そのとき初めて自分の中でちゃんと
「悲しみ方」を実感できた気がする。


そこから不思議と父親を安心して
思い出してあげられる時間が
過ごせるようになった🌙

間違いなく、悲しみや悔しさを
ちゃんと解放してあげたお陰だった。


それまでの自分なりの成長と
数年越しのタイミングと
外部的な要素(今回でいうと場所が、悲しみを解放することを許してくれた)が色々重なって起こったのかな。

だから、ありきたりだけど、泣ける映画や本、包まれるような安心する場所、そうゆうのに「泣かせてもらう」ことは
本当に大事なことだと感じる。
⁡⁡


ずっとこれまで、頭で考える人間だったから
悲しみ方も
喜び方も
甘え方も
笑い方までも

“私には上手くできない“とずっと放棄してたように思う。
「しかた」じゃないのにね😂
ヨガで心にアプローチをしていくと、
頭でっかちだったカチカチな部分が
やわらかくなって
コントロールできることと、
コントロールしなくていいことがあることを
知れる。
コントロールできないことの方が多いことを自然と学べると、


「委ねること」を学べる。



感情が出てくることを委ねるって、
出来なかった人間にとっては怖いことが多いものだけど💫

自分らしく笑ったり怒ったり悲しんだりできるようになると、すんごく楽だ。
今ではリアクションが凄い、と笑われるくらいに感情に素直になれた。😂
はぁ、そろそろ命日だから夢に出てきたのかな。
前はこの時期は心ここにあらずに過ごしていたけれど、
今では安心して家族と、おとんが好きだった好物を食べて迎えられる🍁

ここまで
長い個人的な読み物を読んでくれた方
ありがとうございます😌😂✨
宮古島エピソードは本当に神秘的で
また必ずどこかで語りたい。
また行きたい。行く。

one yoga
kana.



予約はこちらから



私らしい、私へ。 盛岡市でヨガをはじめよう。

岩手県盛岡市でヨガを伝えている kanaのHPへようこそ* 盛岡市前九年あるプライベートスペース【one yoga room】にて個人レッスンを開講しています🌿 オンラインレッスンや企業様等の出張ヨガも受付中。 ↓こちらの申込は日程の第三希望を直接メールまたはお問い合わせページよりご連絡をお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000