コンプレックス

この写真は、2018年に
初めて人前に
二の腕を出して立ち、レッスンした時のもの。
私にとって大きな大きな呪縛から
勇気をだして抜け出した記念日。


幼少期から、多くのコンプレックスと
向き合ってきたと思う。




生まれつきの鮫肌は
見た目もブツブツ気持ち悪いし
触ってもざらざら、常に鳥肌が
たっている状態。

私は痛くも痒くもないのだけれど
家族には昔から
「変わってあげたいくらい可哀想」
「前より酷くなってるね、見せて」
「女の子なのに」と
無意識レベルで、自分がいかに
気持ちの悪い身体をしているのかを
認識させられた😂

もともとは親の愛だったであろう
言葉と心配は、根強くコンプレックスとして深い自己否定の元となるものを植え付けたよね。💀




腕のことも含めて、小さい頃から自己肯定感は低く、なかなかヨガをするまで自分を愛することは難しかったな。


身体も顔も、何らかの原因を集めて、こうゆう「自分」が嫌だった。
いつも肘まで隠れる長い洋服を探してた。



せめて、人並みになりたいと
「普通」になりたいと、長年自分と戦って


いつも誰かを羨んでいたと思うし
自分以外の誰かは、自分以上に
素敵だし、可愛かった。


そして、今、それが
まさか

私の長所でもあることに、気が付いた。



どんなに自信がない女の子でも
その子の素敵なところを
見つけてしまうのだ。

どんなに自信がなかろうと、
私から見たら
あなたは可愛くて綺麗だよって、
本気で思えて、本気で伝えたくなる。


無意識に、羨むくらい
相手のキレイな部分に、気づいてしまうから。惹かれてしまうから。


だから、写真を通して
その愛おしい一瞬を、

私のレンズを通して
本人に気づいてもらえた時は
本当に、本当に言葉にならない




私、こんな表情するんだね、って
こんな綺麗に映るんだね、って


長年の自分の曇った歪んで映る
フィルターじゃ気づけない自分の美しさを

クリアなフィルターで
客観的に見て、知ってくれたら、もう、ね。



カメラが好きになって、
人を撮るようになって、
そう思うようになった。



そんな話を、今日また写真のトークができて改めて自分の内側に気が付けた日でした🌿


自己満のギャラリーだけど
見てくれて共感してくれる人がいる、って
死ぬほど嬉しい。
(基本お顔載せる許可がおりた方だけ載せています)





写真もヨガも、ツールは違うにせよ
私にとっては根っこは繋がるんだ🌳


自分が思ってる以上に
あなたは美しくて強くて輝いている🌙


変わろうとしないで
そのまんまを丁寧に磨いていったら
それだけで🦋💍



kana.




私らしい、私へ。 盛岡市でヨガをはじめよう。

岩手県盛岡市/滝沢市でヨガを伝えている kanaのHPへようこそ* 本来の自分軸としなやかさを引き出すプライベートレッスン/出張ヨガ受付中 盛岡市前九年にてグループレッスン開講中🌿 詳細はNewsのページをご覧ください🌸

0コメント

  • 1000 / 1000