〜命日〜

明日は

父親の命日。


今日は家族みんな揃ってお墓に行ってこれました。




父は大工さん。

いつも木のいい匂いがして。

手はとっても大きくて、

いつも素手で仕事をしてガサガサしてた。



いつものように仕事に出て、

お昼休みに

急に倒れたと連絡が来ました。



脳梗塞でした。






すぐに運ばれて

駆けつけた母と私の目に映ったのは

意識のある中

言葉も出せずに身動きも取れず

顔が歪んでる父の姿。

一生懸命何か伝えようと声を出していた。


今朝、つい数時間前までのいつもの父と同じ人とは思えなかった。


でも、きっと本人が一番辛かったと思うと

四年経った今でも涙が止まらない。


トイレに行きたいと訴え続ける父に

そのまましてちょうだいと言うのが

一番苦しかった。



倒れた夜から目を開けることなく

ドクターからはリハビリ頑張りましょうと言われたけれど

二日後の早朝に息を引き取った。



ヨガでは、

肉体はあくまで洋服と同じように

人生が変わるたびに「着替えていく」ものだと言います。


肉体や、思考、記憶は変われど

本質である魂はずっと変わらない。


また、同じ魂が

身体を変えて

自分の使命を全うする。


だから父も

ただ肉体を置いていっただけで


どこかでまた笑っているんだろうな。




ヨガを学んでいて良かった。

そう思う。



そうでなければ

ずっと限りある命


最愛の人の命を

失ったこと

もっとこうしていたらという後悔で押しつぶされそうだから。



誰にも同じ明日が来ること約束はされていない。


最後と分かっていたら

笑顔で送り出せば良かった

もっとちゃんとしたお弁当作れば良かった

一度くらい晩酌に付き合ってあげれば良かった

伝えたい言葉がたくさんあった



その気持ちを

今度は今いる周りの全ての人へ

向けられたらいいと強く思う。


父に向けたかった分。




そして悲しみに飲まれそうになったら


「足るを知る」

「サントーシャ」

に目を向けてみる。




作業中、運転中に倒れて二次被害がなくて良かった

初孫を一回だけでも抱っこできて良かった

息をひきとる時にそばにいれて良かった



そんな小さな奇跡、感謝を感じてみようと

思えるのも

深呼吸をしようと意識を向けられるのも

ヨガをしているおかげなんだよね、おとん。


今日はそんなことを考えながら

雪の中手を合わせてきました。




と書いていて

正直、まだまだ論理的に

別れを整理したり

感情を受け入れたりは難しいときもあるけど


そんな時は

思いっきり悲しめばいいし


それが離れても繋がっていると言うことなんだろうなとも思います。




今一緒に居られる

そばにいる人と

物理的に離れて居ても

想っている人と


毎日丁寧に過ごして行きましょうね。




kana.





〜募集中イベント〜

2017/12/17(sun) 

 10:30~11:30

 

 in 盛岡パルコタウン 

 「心身リセットヨガ」

〜Xmasクッキー付き




 スタジオ yoga journey 

 クラスご予約はこちらから    

https://airrsv.net/yoga-journey/calendar   









私らしい、私へ。盛岡市でヨガをはじめよう。

盛岡でヨガを伝えておりますkanaのHPへ ようこそ* 《クラス予定はNewsより》 不定期ヨガクラス(ふるさと交流館) 9/30(日)・10/14(日) am10:10~11:40 10/12(金)・26(金)pm7:10~8:40

0コメント

  • 1000 / 1000